ころのつぶやき

日々感じたこと、思ったこと、行動などを綴っていきたいと思います。ほとんど、ネガティブだと思いますが。。。

阪神淡路大震災から20年

もうそんな時が経つんですね。

当時は14歳。一気に世界が変わりすぎたのと、記憶があまりにも断片的なので、辛さや悲しさというのが周りが思うほど出てこないのが本音。

大好きだった兄の遺体を目の当たりにした時、両親が泣き崩れた姿を覚えている。

ただ、あまりにもあり得ないことが目の前に起きているので受け入れられなかったのかもしれない。

正直、今でも受け入れられていないのかも。

弟として、これでいいのかな?兄ちゃん、悲しんでるかな?

と考えても、死後の世界なんて分からない。人の命なんて本当に儚いもの。

自分に正直に、一生懸命に生きなきゃいけない。
改めて強く思いました。

どうしても仕事の関係でその時間に神戸で迎えることはできなかったけど、これから神戸に戻ります。