ころのつぶやき

日々感じたこと、思ったこと、行動などを綴っていきたいと思います。ほとんど、ネガティブだと思いますが。。。

お嬢ちゃん誕生まで後2ヶ月

更新がぶっ飛んでいますが、本意気で子作りと向き合い、整体からサプリメントまであらゆる事に前向きに取り組んだ結果、やっと妊娠して安定期を迎え、今に至ります。

 

まずは整体。

昔の彼女が通っていた整体が非常に良くて、分かれてからもちょくちょくと通っていました。現在の福岡に転勤する前の関西に住んでいた時から妻にいこうと誘っていたものの、全く興味を持ってくれず。

 

妊活のために頑張ろうとお互い決めてから、もう一度その整体のお話をして、妊活整体なるものもやっているということでやっと首を縦に振ってくれました。

 

整体院 創健美館 

骨をバキバキ鳴らすような痛い整体ではなく、体の仕組みから動きなどの説明を受けながらの施術なので、自分の体を理解するかつ体がよくなる感じです。

説明下手で恥ずかしいのですが、これは施術を受けていただいたほうが話は早いです。

 

ちなみに私は、ずっと前から不整脈の疑いが健康診断で出るものの、再検査しても異常なしで終わる状態でした。仕事中もいきなり動悸が出て息苦しくなる状態でした。

整体に通って症状をお話したところ、背中の骨が一部曲がっていて、そこが心臓の神経を圧迫しているとのこと。体の仕組みがわかり、横向きで寝るのを控えるようにしてほしいといわれました。

妻は腰周りが非常に大きいのですが、それは内股になることで大腿骨の付け根が外へ旋回することで大きく見せてしまうのが理由だそう。人間の体ってうまいことできてるんだな~と感心しました。

また、下半身の冷えが一番の悩みでしたが、下半身の血液などの流れが滞ってしまっていることが原因で、むくみでパンパンなのは、疲労物質などがリンパで流れるはずのものが流れずにそこに滞ってしまっているとのこと。私との二人三脚で足の筋肉を動かす簡単なマッサージをすることでリンパを流してほしいとのこと。

 

施術を受けつつ、やはり妊活には食べ物も非常に重要ということで、塩などの調味料しかり、油しかり、ミネラルを多く含み体に良い物を摂ってほしいとアドバイスを受けました。

私が今までサプリメントを摂ってくれとお願いしてもなかなか続けて摂取してくれていなかったのに、妻は施術のすごさを目の当たりをしてすんなりと受け入れてくれました。

 

次はサプリメント

国産のサプリメントは値段が高く、妊活をするのにお金がどうこう言ってられませんが、お金がかかりすぎて自分たちの首を絞めてしまってはダメと考えました。

そこで、以前から利用していたiHerbで妊活に関するサプリメントを選りすぐりました。

 

私なりに答えを出したのは、

マルチビタミンミネラル

Omega 3

ビタミンE

この3つでした。

 

まずはマルチビタミンミネラル。

New Chapterのperfect prenatal MULTIVITAMIN

できるだけ食品からできているサプリメントをと探し、こちらにたどり着きました。

アメリカサイズのサプリメントが多い中、サイズも小ぶりで妻も無理なく飲めています。

f:id:weihnachten6295:20190102011157j:image

 

次にOmega 3

これもできるだけサイズが小さく、製造工程がしっかりしているメーカーを選択。

Nordic NaturalsのPRENATAL DHA

これもMVMと同じぐらいのサイズで非常に飲みやすいです。Omega3はDHAEPAの構成ですが、妊娠中は赤ちゃんの脳の発育にDHAが有効ということで、DHAの含有量が多めのこちらをチョイスしました。

 

最後にビタミンE

これは安いものをチョイス。

Healthy Origins E-400

トコフェロールが3種類入っていると良いと聞きこれを選びました。

 

番外編ですが、妊活にはやはり排卵日を知ることが重要。

ということで排卵検査薬もiHerbで購入しました。国内で買うとやたら高いけどiHerbだと安いんです。

Fairhaven Health, BFP, Ovulation & Pregnancy Test Strips For Trying-To-Conceive Women, 40 Ovulation & 10 Pregnancy Tests

国内の製品よりかなり安いですが、作りは簡素化されています。使い方は慎重にしないと手が汚れるそうです。

 

 

食べ物から改善し、整体で自分の体を理解し、妻と毎日二人三脚でマッサージを行い、さらにはサプリメントも摂取することで妊活もやっと結果が出たと思います。

 

相方にまかせっきりではなく、自分も夫として協力するというか、同じ熱量で情報を仕入れ、物を探し、とにかく探す。二人で同じベクトルに向かって活動しないとだめだなと思いました。